日本コナモン協会 トップに戻る

楽しく探求し、おいしく食べて、面白く伝え合う!コナを食し、コナと遊ぶ、日本コナモン(粉もん)協会です。

粉もん図鑑

2008.4 水戸藩らーめん

日本で初めてラーメンを食べたとされる人は水戸の黄門様。当時、中国崇拝ブームだった武家社会において、好奇心旺盛な黄門様は長崎に居留していた高名な儒者、朱舜水を水戸藩に招きました。殿自ら、うどんや蕎麦を打ちそのお返しに、朱舜水は豚の腿肉を塩漬けしたハムでとったスープで、らーめんを作ったそうです。麺には蓮根の粉が使われていました。二百年近くたった21世紀、当時のラーメンは復活、名物となりました。
水戸の川﨑製麺所では、地元の蓮根を粉にして、もっちりとのどごしのいい、色も味わいも独特の水戸藩らーめんの麺を再現。五辛といわれた5種の薬味は、ねぎ、にんにく、にら、しょうが、らっきょう。あっさりと上品な一杯に仕上がっています。
2008.4