日本コナモン協会 トップに戻る

楽しく探求し、おいしく食べて、面白く伝え合う!コナを食し、コナと遊ぶ、日本コナモン(粉もん)協会です。

日本コナモン協会とは

協会の特長

会長熊谷真菜が考える『食シーンには欠かせない存在としての偉大なるコナモン』、このキーワードのもと、 コナモンの魅力を"面白まじめ"で考える民間道楽団体です。


5月7日をコナモンの日と定め(日本記念日協会認定)、コナモン文化の普及を目的とするワークショップや業種横断的なイベントの開催、HP開設や書籍出版など、幅広い情報発信の場を設け、活動の推進・普及に務めます。そしてすべての活動は、食材を石臼で粉にすることから始めます。


協会の活動とは別に、会員自らが独自に活動する「連」を設けます。連とはコナモンのアイテムひとつずつに付随するファン倶楽部のようなもので、各「連」からの情報や独自の活動をHPなどで紹介することで、組織的な盛り上がりを醸成します。